エンジニアが彼女を作る3つのコツ!出会いの機会やアプローチ方法を経験者が語ります

[voice icon=”/2015/10/dall10-1.jpg” name=”AKIRA” type=”l”]
初めまして。照明器具メーカーの営業として勤務する32歳です。営業職ということで、売上目標数字の達成が何より大切になってくるので残業もしばしばありなかなか女性との出会いもないというのが現状です。

やみくもに誰かに紹介してほしいとお願いしてみても効果はなかなか現れないですし、どんなことにポイントを置いていけば出会いがあり彼女を作れるのか簡単に書いてみたいと思います。[/chat]

エンジニアが彼女を作るコツ1:社内にいる女性の照明プランナーの方と仲良くなること!

残業がどうしても長くなりがちな営業職の方はなかなか外に出会いを求めていく時間をそうそう取れるものではありません。合コンに行きたいと思っても行く時間がなかったり、なかなか社外の方と出会える機会というものは限られてきます。

そこでオススメなのが、照明器具メーカーであれば多い少ないはあるにせよ、照明のデザインやプランニングなどを行うプランナーさんがいるものです。私が勤める会社にも数名の女性プランナーさんがいます。照明プランナーの方とは仕事を通じて、コミュニケーションを取る機会が多くあるものです。

そんな中でたまに食事に誘ってみたり、アプローチしていくのです。自分の同期は出会いを外に求めず、社内で完結させてしまった者もいます。確かに一番身近で仕事ぶりも見ているしどんな人かもある程度知っていることは多いものです。

いわゆる社内恋愛というものに発展していくことになりますが、社内に出会いを求めるのも一つかと思います。

エンジニアが彼女を作るコツ2:社内にいなければ、外に出会いを求める!

社内で彼女候補となる方を見つけられれば一番早いのですが、なかなかそう候補がいるものでもありません。そんな時は外に出会いを求めていきます。照明業界となるとお客様にハウスメーカーなども出てきます。営業でハウスメーカーを回れる機会があればチャンスです。

ハウスメーカーの社内には必ずインテリアコーディネーターの方がいます。そしてたいていは女性の場合が多いのです。営業で訪問を継続しながら関係を深め仲良くなっていく、なんてことも一つの手です。営業で回る機会がなくても、お客様主催のイベントなどもこの業界であれば多々ありますので、そのイベントで出会うことも十分に可能です。

中でダメなら、外で出会う、これが基本的な考えだと私は思っています。要は自分の気持ち次第なのですが、中でも外でも常にアンテナを張っておくことが大切です。仕事ですから、営業に集中するのは当たり前ですが、少し遊び心も取り入れてみるのも仕事成功にも繋がります。

エンジニアが彼女を作るコツ3:他メーカーの友人をつくる!

これはどういうことかというと、この業界ではお客様主催のイベントが年に数回あるのですがそこでは照明メーカーに限らず、他メーカーも多数出展するようなイベントもあるのです。そこで他メーカーの方と知り合いになっておくのです。

知り合いになり、いろいろな話ができるようになり、結果的に合コンの話が出たり、はたまた誰か紹介してもらえるような話が出たりすることもあります。仕事をしているとなかなか新しい友人をつくるのは難しいものです。

そうであれば、お客様主催のイベントなど活用できるものはしっかりと活用し、そこで人脈をつくり出会いにつなげていくのです。私も一時はこの方法で女性との出会いにこぎつけた過去があります。

わりと簡単な方法ですし、他メーカーの方と知り合えるだけでも、仕事にも繋がりますしメリットは多いです。いきなり女性との出会いを求め彼女作りを考えるよりもまずは友人を増やすということも一つだと想います。

まずはできるできるところから!とにかくスタートすること

いかがでしたでしょうか。どの方法が良いかは人それぞれですが、まずはやりやすいと感じるものから試してみてください。行動がなければ結果はついてきません。あれこれ考えていても何も始まらないし、思うような結果は出せません。

自分を信じ、そして今を楽しみ行動していきましょう。目的は彼女をつくることですが、あまりそこばかりに意識を持っていくことはせず、そのプロセスも楽しんでいくようにしましょう。そして一つ一つの出会いに感謝することも大切です。頑張っていきましょう。