アパレル店員が結婚相手を見つける3つのコツ!出会いの機会や婚活方法を経験者が語ります

[voice icon=”/2015/11/dall1.png” name=”Mika” type=”l”]はじめまして、アパレル販売員として大手百貨店にて勤務しているMIKAです。現在29歳、百貨店のレディースブランドにて勤務中です。

女性ばかりの職場のため、なかなか出会いもなくやっと彼氏ができたら時間が合わなくて喧嘩してはお別れする、ということが何度かありました。そんな私がアパレルを続けながら彼氏を作り、結婚まで至った話も織り交ぜながら紹介できたらと思います![/chat]

アパレル販売員が彼氏を作るコツ1:職場での恋愛は皆無!外部での出会いを大切に!

私の職場はレディースブランドということもあり、アパレルの中でも特に男性は少ないです。

同じショップや、同じフロアに男性がいたとしても既婚者の方だったり、ものすごく年齢が離れていたり。たまに職場恋愛をされている方もおられますが、本当に稀なことです。

正直、そんな環境下で出会いを待っていては、いつまで経っても恋愛はできません。

万が一、近いところに素敵な男性が現れたとしてもそこは女性ばかりの職場。彼氏の欲しい方々はたくさんいらっしゃって、みんなその男性と親しくなりたいから争奪戦が起こります。

そんなところで時間と労力を費やすなら、外部での出会いを大切にする方が断トツで有効です。

職場が女性だらけということで、アパレルにはどこからともなく合コンのお誘いや紹介のお話が舞い込んできます。その外部との出会いをまずは大切にすることが大きなステップです。

アパレル販売員が彼氏を作るコツ2:合コンや紹介での立ち振る舞いに気を付けよう!

舞い込んできた合コンや紹介のお話には積極的に参加してみて下さい。

よく会う前から「相手の方のお仕事」や「相手の方のルックス」について値踏みするようなことをしたくなってしまいがちです。

しかし、この時点ではその相手の方が彼氏になると決まったわけではないのですから、まずは気楽に新しいお友達を作りに行くくらいの気持ちで良いのです。いざ、合コンや紹介でお相手の方に初対面というときには、立ち振る舞いに気を付けましょう。

アパレルで長く勤務していると、どうしてもそのブランドや勤務先のイメージの話し方をしてしまいがち。例えば、高価な商品を販売しているならばどうしても初対面の方には堅苦しく丁寧すぎる言葉遣いをしてしまったり、お若い方向けのファッションブランドならばフランクに会話を投げかけすぎてしまったり。

これでは相手の方が彼氏になろうがならまいが、すっかり意気投合するなんて難しいですよね。仕事を離れてしまえば一人の女性なのですから、プライベートの自分を知ってもらいましょう!

そこで気になるお相手に出会えなかったとしても、お友達を増やしていけば自然と彼氏ができるチャンスは広がります。実際に私は、何度かの合コンや紹介でお友達を増やして彼氏を作り、主人ともそれがきっかけでお付き合いをするようになりました。

アパレル販売員が彼氏を作るコツ3:職業のことを話しすぎない!一緒の時間はひたすら楽しむべし!

お友達を増やし、合コンや紹介でいいなと思う男性に知り合えたら色んなことを根掘り葉掘り聞きたくなってしまうし、いち早く自分のことも知ってほしくなりますよね。とっても大事なことなのですが、気を付けなければいけないポイントでもあるんです。

なぜかというと、アパレル販売員は定休日というものがほぼありません。世の中が連休や祝日になると、アパレルは逆に繁忙期を迎えるため休んでなんかいられません。常に店頭でニコニコと接客をし、お客様からみて店頭やブランドの宣伝でなければいけません。

そのため、見た目以上に大きなストレスを抱えています。ですから、お相手とお休みの日が被らないのは当然で、デートできる時間は本当に限られてしまいます。その限られた時間の中で、職場の人間関係、ノルマや売り上げ、変わったお客様についてなど次から次へと聞いて欲しい話が出てきます。

そんな職場の話を喋り続けてしまうと、喋っている本人に悪気はなくてもお相手の方には悪口に聞こえてしまったりして幻滅させてしまいます。一緒に過ごせる時間が短いからこそ、愚痴やつまらない話は避けてひたすら楽しい時間にすることが重要です。

私自身、過去にお付き合いしていた方から「たまにしかゆっくり会えないのに、愚痴はやめてほしい」と言われ当たり前のことなのに、目からうろこでした。

アパレルショップ店員でなかなか彼氏が見つからないという人へ

以上のことに気を付けた結果、増えたお友達の紹介で知り合った男性とお付き合いをして、その男性が今の主人です。今現在も主人とはなかなか休みが合わず、お互いに帰宅時間が不規則なので一緒にゆっくり過ごせる時間は少ないです。

でも、上記に記した経験からアパレル販売員にしかできない恋愛があり、アパレル販売員にしか適用されない恋愛の条件もあるのだと学びました。

この記事が一人でも多くの同業者さんに知って頂ければ幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。