保育士が結婚相手を見つけるために。知っておきたい保育士の恋活・婚活3つのコツをまとめました!

[voice icon=”アイコンURL” name=”名前” type=”l”]こんにちは。元保育士の32歳です。

保育士と言えば女の職場だし、普段顔を合わせる大人は保育園に通うお子さんの保護者なので、出会いなんて全然ないとお思いではないでしょうか?

実際職場で出会いを探すことは困難かと思われますが、保育士という職業を活用して素敵な出会い方ができるコツをお伝えしていこうと思います![/chat]

保育士が彼氏を作るコツ1:土日休みを大いに活用する

よく恋愛する上で、お互いの休日が合わずにすれ違ったり、合コンや友人同士の飲み会にも参加できないなんてことがあると思います。

hoiku1

その点保育士は土曜保育は交代制であるものの、基本的に土日祝が休みなので、出会いのためのイベント事には参加しやすい仕事です。

他に土日休みというと事務職などがあげられますが、合コンなどで初対面の男性と会話をするとき、職業が”事務職”の人よりも”保育士”のほうが断然男ウケがいいのです。

なので積極的に飲み会などに参加をすると、自然と男性の方から興味を持ってもらえる職業ではあります。

”保育士”というと子ども好きで優しい人というイメージがありますから、一般的に男性が好む女性像を勝手に想像してもらえます。

実際のところ、保育園では子どもを叱ってばかりだとしても、そんなことは男性にはわかりませんし、女性に厳しく叱ってもらいたいというちょっとM気味な願望を抱いている男性も少なくありません。

保育士という肩書は飲み会では確実にあなたを格上げしてくれます。

保育士が彼氏を作るコツ2:研修会に参加する

女性の職場と言われる保育業界ですが、男性保育士というのも年々増加しています。

hoiku2

同じ職場に男性保育士がいないからと言って諦めるのはまだ早いです。保育や教育の仕事では定期的に様々な題材の研修会が行われています。

園によっては平日に行われている研修会でも積極的に参加させてくれることもありますし、希望者を募って参加させてくれたりもします。

中には強制参加というか、出張命令のような形で研修会に参加しなければならなくなることもあると思いますが、面倒くさがらずに積極的に参加することで、他園の先生たちと交流をすることができます。

内容によっては小学校の先生も参加している研修会もあります。

一日座って講義を聞いているのはツラいですが、中にはグループディスカッションが盛り込まれていることもあります。このディスカッションで男性の先生と交流するチャンスがあるのです。

同業ということもありますから話題には困りませんし、お互いの仕事の悩みなどを話し合ううちに意気投合して仲良くなることができます。

ただ、このディスカッションはどういうグループ分けをするのかは講師次第ですし、必ずしも独身の男性とグループになれるかはわかりません。圧倒的に女性の率が高いです。

ですので、座席が自由なのでしたら好みの男性の近くに座っておくほうがいいです。

グループになれなかったとしても、席が近ければ休憩時間などに声をかけることができます。

そんなに構えずにごく自然に「どちらからいらしたんですか?」「幼稚園ですか?保育園ですか?」など挨拶がてら話しかけてみるといいです。

自分から男性に声を抱えることに抵抗があるかもしれませんが、気にする必要はありません。研修会の場では女性の先生同士でもこの程度の会話は普通にしています。

また、男性の先生は少ないですから、女性の方から声をかけてあげたほうが安心してくれるという場合もあります。

保育士が彼氏を作るコツ3:仕事を持ち帰らないように努力する

保育士の仕事と言えば、「子どもの面倒を見るだけ」なんていう単純なものではなく、事務仕事も多いです。

週末は次週の指導案や保育で使うものの準備に追われている先生も少なくありません。それを保育の合間にやらなくてはいけないのですから、時間はいくらあっても足りないと多くの先生が感じていることと思います。

筆者も仕事をなかなか片づけることができず、頻繁に自宅に持ち帰っていました。ですが、これは原則としてやってはいけないことだということをみなさんもお分かりかと思います。

個人情報を取り扱う職業上、自宅への仕事の持ち帰りは褒められたことではありません。

それに、せっかくの休日を仕事の延長で使ってしまってはリフレッシュができませんから、週明けの仕事ぶりにも少なからず影響してしまうものです。

ですので初めから無理だと諦めずに、できるだけ仕事を持ち帰らない努力はしてみましょう。普段の仕事を見直してみて、無駄を削減し、園の仕事は園で終わらせるように効率よく仕事を進めることで、時間的な余裕が生まれます。

余裕がなければ恋愛なんてする気になれませんし、せっかくの休日に仕事をしていては、出会いのチャンスも逃すことになります。「忙しい」「できない」という言い訳をやめて、前向きに取り組んでみることで女性としての魅力もアップすると思います。

保育士は他のどんな職業よりも「モテる」という自信を持って、積極的に恋愛を楽しんでもらえたらいいなと思います!