付き合ってわかった!アメリカ人彼氏を作る3つのコツ

bigstock--145157069恋愛に国境はない。恋愛BORDER編集長のChihiroです。

この記事では、語学研修で実際に彼氏を作ったTOMOさんにインタビューし、アメリカ人彼氏の作り方やコミュニケーションの注意点について聞いてみました。それではお願いします!

TOMO

TOMO
はじめまして。アメリカに滞在中のTOMOです。

私の彼氏はアメリカ人です。今は語学留学で滞在しているのですが、今は一緒に住み始めていて、おそらくこのまま国際結婚になるのでは?という雰囲気がしています。最近は、将来の事も話を始めています。

やはり国が違うと文化も違いますので、「あれ?」と思うこともありますし、日本では当たり前だと思っていることを、何度説明しても納得してもらえない時は、「いらっ」とすることも多々ありますが、そんな違いをカバーできるほど、アメリカ人とのお付き合いはとてもいいものだと思います。

今回は、私の経験からアメリカ人と付き合う時のポイントを3つお教えします!

アメリカ人彼氏を作るコツ1:アジア人のナチュラル差は武器に

cplまず、第一に、女性は過剰な化粧やカラーは必要ありません。また、日本では当たり前という洋服の着こなしはアメリカ人的にNGなものがいくつかあります。

白人のアメリカ人男性は、小さくて、髪の毛が黒くて、目が細くて、スリムなアジア女性が基本的には大好きです。

すっぴんで、寝起きのちょっとむくれた顔でも、「なんでそんなに美しいんだ?」と言われるくらいですから。ナチュラルさが一番アメリカ人には好まれます。

無理に目を大きく見せようとアイプチやアイテープを使ったり、アイシャドウを塗りたくったりということは、アメリカ人男性には必要ありません。ファンデーションに、眉毛を書き足すくらいでちょうどいいかもしれませんね。

アジア人の黒髪も魅力的!

また、アジア人の黒髪もまた魅力的とのことです。

日本人は、外国人に憧れてブロンドや明るい色にカラーリングをしがちですが、アメリカ人男性は、そういったブロンドの女性は既に見飽きています。逆にアジア人の黒髪が珍しいので、なんとも言えない魅力を感じるとのことです。

また、余談ですが、海外でのカラー剤は日本人には刺激が強すぎますので、黒髪にしていれば、アメリカ人からもモテますし、髪の毛も傷まず、カラーリングのお金もかからず一石二鳥ですね。

洋服の着こなしも注意。出すとこは出していきましょう!

洋服の着こなしでいうと、レギンスはNGです。また、短いチュールスカートの下にタイトなパンツを合わせるファッションはアメリカ人には考えられない奇妙なものみたいです。

日本の女性は、あまりにも短かすぎるスカートだと躊躇してしまい下に何か身につけたがる傾向がありますが、アメリカ人の女性(ヨーロッパの女性なども含まれますが)は、パンツが見えそうなくらいの短いスカートでも、素足で何のためらいもなく身に着けています。

セクシーさがないとのことでこういった着こなしはNGらしいです。せっかくの出会いの場に行っても相手にしてもらえない可能性が高いので注意してください。

アメリカ人彼氏を作るコツ2:何かしてもらったら必ずお礼を!

cpl1二つ目は、何かをしてもらったら、必ず一言お礼を言うようにするということです。

アメリカ人の女性は、デートで男性が奢ってくれるのは当たり前という感覚があるので、ご飯を食べに行って男性がお会計をしても、さも当たり前のように振る舞い、お礼も言わないとのことです。

そんな時に「ごちそうさまでした」や「ありがとう」と一言言うだけで印象が全く違います。

アメリカ男性からすると、「当たり前のことをしただけなのになんでこんなに喜んでもらえるんだ!」と感動するみたいです。もちろん、デートの後に家に送ってもらった時や、ドアを開けて貰った時などちょっとした時でもお礼を言う事を心掛けましょう。

お礼を言われるのが楽しみで、相手がどんどんいろいろな事をしてくれるようになったら、あなたに好意を持ってきている証拠です。

アメリカ人の男性の彼女に一度なると、これでもかという程尽くしてくれますし、愛情表現も豊かでマンネリという言葉がないくらい情熱的な愛情を注ぎ続けてくれます。是非、お姫様気分を味わってみては如何でしょうか。

アメリカ人彼氏を作るコツ3:自己主張はしっかりしましょう!

cpl三つめは、自分の主張をしっかりすることが大切なポイントです。

アメリカ人は、男女問わず皆自分の主張を当たり前にします。日本人は、これを言ってしまうと場の雰囲気が壊れるし、皆の意見に従った方がこの場は丸く収まるかなというような形で、自分の考えを主張しない場合も多々ありますが、これはアメリカ人にはあまり好まれません。

きちんと自分が何をしたいか、どう考えているかを主張できないと、会話をしても面白くない人認定されてしまうみたいです。

これは、男女平等のアメリカならではの考え方だからなのでしょうか。

日本は、「大和撫子」と言われる、いわゆるおしとやかで、男性の後ろを数歩下がって歩き、男性をたてるという女性が好まれる傾向だと思いますが、逆にアメリカでは、そういう女性はあまり好まれません。かといって、あまり強すぎる自己主張をしすぎるとうるさがられてしまうので、注意が必要ですが。バランスが難しいですね。

また、日本人の、YesやNoの返答の仕方、「うん」と「ううん」という言葉を用いて、意思表示が、アメリカ人には違いが分からないみたいです。

私も初めの頃、Yesは「うん」、Noは「ううん」と返事をしていましたが、彼は毎回怪訝な顔をして、「その返答は、YesとNoのどっちなの?」とよく聞き返していました。今は、Yesは「Mmhmm」(’ンフ’みたいな発音)、Noは「No」という回答の仕方をしています。

今、そしてこれからアメリカ人男性と付き合う方へ

cplアメリカ人には、デーティング期間という友達以上、恋人未満のお付き合いのお試し期間があるのが一般的です。

この期間に、キスや体の関係も持ったりするので、日本人からしてみると、「お付き合いしている」と思っていても、アメリカ人からするとまだお付き合いしていないという現象が起きやすいので、気を付けてください。

相手が友達や、家族などに恋人として紹介してくれた段階ではっきりするというなんとも分かりづらいシステムです。ただ、これは相手にもよるので言葉で確認することが大切だと思います。

白人のアメリカ人は比較的アジア系の女性が好きなので、基本的には日本人の女性はモテますので、出会いがない!と心配することはないと思います。

残念ながら、アジア系の男性は、アメリカ女性には人気がないのですが。なにはともあれ、国際恋愛は日々新たな発見が沢山あるので、とても楽しいものです。是非とも楽しんでお付き合いをしてみてくださいね!

インターネットを活用してアメリカ人の彼氏・彼女を見つけよう[PR]

アメリカ人彼女・彼氏をつくるには色んな出会い方があります。

友人の紹介、パブやバーでの出会い、イベント参加。そうしたリアルでの出会いにプラスして、インターネットを活用すると、好みの相手はグッと見つかりやすくなります。

海外で最も有名なマッチングサイト「Match.com」はもちろんアメリカ&日本対応。アメリカ国内だけでなく、日本在住のアメリカ人や外国人も気軽に検索できます。登録は無料、気軽に近くに住んでいるアメリカ人を検索し、好みの相手にアプローチできますよ。

Match.comに登録してアメリカ人にアプローチする>>