アメリカ人彼氏と付き合ってわかった!恋愛観や付き合うことの価値観をまとめました。

bigstock--145157069恋愛に国境はない。恋愛BORDER編集長のChihiroです。

この記事では、アメリカで実際に彼氏を作ったMAKIさんにインタビューし、アメリカ人彼氏の作り方やコミュニケーションの注意点について聞いてみました。それではお願いします!

MAKI

MAKI
こんにちは、MAKIと申します。

高校生のときに近所に住んでいた人がアメリカに仕事で滞在しており、夏休みフラッと遊びに行ったのをきっかけに、アメリカでの生活に興味を持ちました。

そして高校を卒業してからアメリカの大学に進学し、そこで知り合った彼とお付き合いをしています。

初めてアメリカに行ったときは、言葉が理解できず苦労しましたが、私には日本語という母国語がある、英語がわからなくて当然だと開き直って楽しく過ごそうと思った結果、だんだんとアメリカの生活が楽しくなってきました。

この記事では、アメリカ人と付き合ってわかった、恋愛観や価値観の違いをまとめてみました!

お金がかかっても効率化!

Young fashionable couple on blue background
アメリカという国はとにかく合理主義です。多少のお金がかかっても、もったいないと思っても楽にできるのであれば、その方法を採用します。

例えば、アメリカ人はサプリ大国と言われるほどサプリメントが大好きです。

日本で育った私はサプリメントを飲むのなら、バランスの取れた食事をしたり、日ごろから車ばかり使わずに歩くなどして軽い運動をして健康を維持すればいいという考えでした。

しかしアメリカ人はカロリーの高い食事をして、車ばかり乗って歩くことのない不健康な生活を補うためにサプリメントを飲むのです。薬局のサプリメント売り場に行くと、大人用のサプリだけでなく子供用のサプリメントまで販売されているのには驚きました。

私はカロリーの高いアメリカの食事をできるだけ控えて、ヘルシーな日本食をよく食べていましたが、彼とお付き合いをして頻繁に一緒に食事するとなると日本食ばかりというわけにはいきません。

アメリカンな食事をした後は、サプリメントに少し助けを借りて不足分の栄養を補う、くらいの軽い気持ちでサプリメントに頼らないとどんどん太ってしまいます。

Couple Of Friends Talking At Sunset

また一緒に生活をするとなれば、日本人の細かさにびっくりされます。

洗濯は週に1回という考えが一般的です。洗濯物のかごに大量の洗濯物がたまっていても不潔というわけではありません。

また洗濯をした後は、部屋干ししたり、お日様に当てて外干ししたりするという考えは一切ありません。乾かすのは乾燥機の仕事です。電気代がかかっても衣類が痛んでも、洗濯物を干すという考えはありません。

そして食器は手で洗うものではなく食洗器が洗うものという考えもあります。食器の量が少ないからと言って手洗いしていると無駄なことをやってる、と思われます。

洗濯の乾燥機と同じく食洗器の電気代がかかっても楽しようという考えです。それに加えて買い物も週に1回です。スーパーのカートは日本でいう家電量販店のカートと同じくらいの大きさで、週に1回大量に購入します。そのため冷凍庫が大活躍です。

このように日本人は地道に働く人種ですが、アメリカ人は電気代がかかっても手間なく楽に済ませられる方法を選びます。週に1回の洗濯、買い物は最初は違和感がありましたが、時間を有効に使えていいなと思うことにしました。

パーティーには必ず参加!

Teenagers Friends Beach Party Happiness Concept

アメリカ人はとにかくパーティーが大好きです。パーティーには恋人や家族と一緒に参加しなければなりません。

日本人は初対面の人と話すのが苦手な人種ですが、アメリカ人の彼がいると、彼がパーティーに招待されたら必ずついていかなければなりません。もし行かなかったら周囲の人が喧嘩したのか?と心配するくらいです。

パーティーは誕生日、クリスマス、ハロウィンなどの主なイベントのときだけでなく、同じブロックに住む人同士で行うブロックパーティー、家を購入した時に行うハウスウォーミングパーティー、そして気が向いた時にも何かと理由をつけてパーティーを企画します。

そこで初対面の人と出会っても人見知りせず話をしなければなりません。雰囲気に入っていけず黙っていると、彼の顔をつぶすことにもなりますので、とにかくパーティーは楽しく参加します。

もし自分が招待する側になったときは要注意です。招待する側はたくさんの料理や飲み物を準備しなければなりません。パーティーに招待されたとき「パーティーに何も持ってこなくていいよ」と言われたとしても日本人なら気を使って料理やスイーツ、飲み物など気を遣われない程度に持っていくのが一般的です。

しかしアメリカでは「何も持ってこなくていいよ」と言わると本当に何も持っていきません。よって自分がパーティーのホストになったとき、ゲストが何も持ってこなくても気を悪くしてはいけません。そしてゲストには冷蔵庫や棚を勝手に開けて自分の家のようにくつろいでいいよ、ともてなすのが普通です。冷蔵庫や棚を開けられても嫌な顔をしてはいけません。

ちょっとアバウトくらいが丁度いい

Young Couple In Love On Sail Boat With Champagne At Sunset - Hap

時間など様々なことにに対して細かいことを気にしていてはアメリカ人とお付き合いできません。アバウトさが必要です。

日本は時間きっちりなことがマナーですが、待ち合わせに10分、長くて30分遅れたとしても怒ってはいけません。日本人が時間にきっちりすぎる、と思うほうが気が楽です。

反対に自分も少々時間に遅れても相手はそれほど深刻考えていません。ただし、アメリカにおいても日本人の友達と待ち合わせるときには時間きっちりに行ったほうが無難です。

またバスや電車は日本では定刻であることが当たり前ですが、アメリカでは遅れることが当たり前です。よってバスや電車で大事な待ち合わせに向かうときは、時間に余裕をもってください。

アバウトさということでは、本当に頻繁に停電が起こります。アパートなどに住んでいると急に水道の水が出なくなることもあります。

そんな時、電力会社やアパートの管理人に電気や水道がいつ復旧するの?と問い合わせて、ついでにクレームを言うのが日本人ですが、アメリカ人は停電になってしまって家にいられないなら、マクドナルドに行って楽しもう、という考えです。細かなことを気にせず、それぞれの状況を楽しむ余裕が必要です。

これからアメリカ人のパートナーを作る方へ

細かいことは気にしない、とにかく何事も楽しもうという気持ちが必要です。

日本人の勤勉な点は素晴らしいと思いますが、それが通用しない時が多々あります。しかしそれがアメリカらしさなんだ、と思って受け入れてみてくださいね。

インターネットを活用してアメリカ人の彼氏・彼女を見つけよう[PR]

アメリカ人彼女・彼氏をつくるには色んな出会い方があります。

友人の紹介、パブやバーでの出会い、イベント参加。そうしたリアルでの出会いにプラスして、インターネットを活用すると、好みの相手はグッと見つかりやすくなります。

海外で最も有名なマッチングサイト「Match.com」はもちろんアメリカ&日本対応。アメリカ国内だけでなく、日本在住のアメリカ人や外国人も気軽に検索できます。登録は無料、気軽に近くに住んでいるアメリカ人を検索し、好みの相手にアプローチできますよ。

Match.comに登録してアメリカ人にアプローチする>>